2017年7月14日金曜日

最近神経の処置の相談、セカンドオピニオンの患者さんが増えています。

当院では、最近神経の処置の相談、セカンドオピニオンの患者さんが増えています。その治療の予後に、悪くなって来院される患者さんに遭遇する機会が増えてくると、残念な気持ちになります。

当院での神経の処置は、日本の大学の歯内療法専門医養成課程や卒後研修で、充分トレーニングを積んだ歯科医が治療を担当し、一定基準以上の根管治療を行っています。

そして難易度の高い、さらにシビアなケースは米国歯内療法専門医である松浦顯医師が治療を行いますので、これから神経の処置が必要な方も、すでに治療を受けていて治らない、痛みが取れない、次はインプラントしかないといわれているような方も何らかの治療方法をご提供できるのが強み。

いい歯医者の選び方、という魔法の方法は残念ながら存在しません。そこは患者さん自身が賢くなるしかないのです。できれば、治療を始める前に、専門医のセカンドオピニオンを一度受けてみることをオススメします。


0 件のコメント:

コメントを投稿